高分子科学

化学

【大学の高分子科学】溶液中での排除体積効果とシータ状態について分かりやすく解説!

希薄溶液中で、高分子がどのような形をとるのか。一般的に、ガウス鎖モデルでは不十分で、そこには高分子自身が持つ大きさが関わっています。この記事では、高分子が持つ体積と、ガウス鎖モデルの意味について考えてみましょう!
化学

【大学の高分子科学】高分子の酔歩鎖モデルとガウス鎖、特性比について分かりやすく解説!

高分子のモノマーの位置がもしランダムに決まる場合、コインを投げる操作だけでも高分子を再現できることになります。この記事ではその実際の方法と、より一般的にランダム性を持つ高分子の扱い方について丁寧に解説しています。ぜひご覧ください!
化学

高分子モデルの自由回転鎖、束縛回転鎖を解説!【大学の高分子科学】

高分子の自由連結鎖モデルは計算がとても簡単ですが、安定な結合角、内部回転角を考慮しないため、実在の高分子を表現できないことが多々あります。この記事ではより現実に近いモデルとして提案された自由回転鎖と束縛回転鎖という2つの高分子モデルについて解説しています。ぜひご覧ください!
化学

【大学の高分子科学】高分子の広がりを表す両末端間距離と回転半径とは?自由連結鎖についても分かりやすく解説!

高分子はその長さゆえに溶液中で折り畳まって球のようになることがあります。どれくらいの大きさに広がっているのかということは濃度と溶液特性を結びつける重要な情報になります。この記事では高分子の分子の広がりをどのように評価するのかということを丁寧に解説しています。ぜひ読んでみてください!
化学

【大学の高分子科学】高分子試料の分子量、分岐構造、モノマー配列に見られる多分子性とは?

化学では純粋な物質を研究対象としていますが、実は高分子の単離はとても難しいんです。この記事では化学では考える必要のなかった、高分子科学独特の概念である多分子性についてまとめました。ぜひ読んでください~。
化学

【大学の高分子科学】高分子の立体規則性と物性の違いを分かりやすく解説!

4つの官能基が全て異なる炭素原子があると光学活性となっていろいろ複雑なことになりますが、高分子でもその多くがたくさんの不斉炭素を持っています。この記事では高分子の立体をどのように考えるのかを丁寧に解説しています。数式は出てきませんので、気軽に読んでください!
高分子科学

【大学の高分子科学】高分子の合成反応の特徴を分かりやすく解説!

高分子を合成したいときに、重要になってくることとは何でしょうか?この記事では低分子合成反応との違い、高分子合成反応の分類を初学者でも分かりやすいようにまとめています。ぜひご覧ください!
化学

【大学の高分子科学】重要な高分子の分類方法3選

高分子は構成する元素とは別にその長さや形状によってさまざまな性質を持つことができます。ここではその性質を単純化して理解するための基本的な高分子の分類方法を見ていきます。難しい数式は一切出てきませんので、ゆっくり見ていってください~
化学

【大学の高分子科学】巨大会合体説の否定と高分子説の実証

世の中には分子量が1万を超えるような大きな分子がある。この事実が認められてからまだ100年ちょっとしかたってないってご存じでしたか?この記事では、高分子の存在が認められるのがなぜこんなにも遅かったのかを解説しています。ぜひ見ていってください!
高分子科学

【大学の高分子科学】高分子の特徴、低分子との違い、高分子科学の発展を分かりやすく解説!

あなたは高分子という言葉を聞いたことはあるでしょうか。いわゆるプラスチックをご想像いただければいいですが、高分子とはとても大きな分子のことです。この記事では、高分子科学の入り口として、低分子との違いや、利用例をまとめています。数式は一切出てこないので、読み物としてお楽しみください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました