化学

実在気体の非理想性を圧縮率因子とビリアル状態方程式で考える方法について解説!【大学の物理化学】

実在気体を考えた式として、ファンデルワールスの状態方程式がありますが、これはモデルのひとつに過ぎません。より一般的に未知の関数について考える際には、級数を使う方法が良く利用されています。今回は、それを使って、実在気体の非理想性を評価してみましょう。
化学

【大学の有機化学】赤外分光法(IR)による化合物の同定方法を分かりやすく解説!

¹H-NMRだけで、すべての化合物を同定することはできないため、複数の同定法を組み合わせるということが良く行われます。この記事では、その1つの赤外分光法について、その測定原理やスペクトルの見方を解説しています。
化学

【特別編】化学系学生の大学院入試に向けた対策について

「大学院入試に向けた勉強をしたいけど、どうしたらいいのかわからない!」そんな化学系学生のための対策を、経験者の立場から一緒に考えました。一個人の考えとして、参考にしてください。おまけとして、僕が当時作った院試対策ノートを無料DLできるようにしておりますので、お役立ていただけると幸いです(^^♪
化学

【大学の高分子科学】溶液中での排除体積効果とシータ状態について分かりやすく解説!

希薄溶液中で、高分子がどのような形をとるのか。一般的に、ガウス鎖モデルでは不十分で、そこには高分子自身が持つ大きさが関わっています。この記事では、高分子が持つ体積と、ガウス鎖モデルの意味について考えてみましょう!
化学

【大学の物理化学】ファンデルワールスの状態方程式で実在気体を表現する考え方を解説!

多くの場合、実在する酸素や窒素、二酸化炭素、メタンなどの気体は、高校で習う理想気体の状態方程式を満たしません。ここでは、より実在気体に近いモデルであるファンデルワールスの状態方程式について、その考え方をまとめています。
化学

【大学の物理化学】速度分布からいろいろな速さのパラメータを出す方法を解説!

理想気体分子がどのような速度分布を持つのかを表す、マクスウェル-ボルツマン分布を使って様々な速さのパラメータを計算してみましょう!
化学

【大学の物理化学】ボルツマン分布の導出を丁寧に解説!(Stirlingの近似式、Lagrangeの未定係数法、正規分布、カノニカル分布も)

個々の分子が持つエネルギーは一様ではなく、分布を持っています。この記事ではその代表として、ボルツマン分布を統計力学の観点から導出しています。
化学

【大学の高分子科学】高分子の酔歩鎖モデルとガウス鎖、特性比について分かりやすく解説!

高分子のモノマーの位置がもしランダムに決まる場合、コインを投げる操作だけでも高分子を再現できることになります。この記事ではその実際の方法と、より一般的にランダム性を持つ高分子の扱い方について丁寧に解説しています。ぜひご覧ください!
化学

【大学の物理化学】分子の速度を考えるマクスウェル-ボルツマン分布の導出について分かりやすく解説!

空間中を飛び回る気体分子の速度は一様ではなく分布があります。この記事では、遅い分子と速い分子がどのような割合で存在しているのかを、ボルツマン分布から考えます。ぜひご覧ください!
化学

【大学の有機化学】E2反応によってできるアルケンの選択性について丁寧に解説!

E2反応ではアルケンが生成しますが、複数の構造が考えられるときにはどれができやすいのでしょうか?この記事では位置選択制を与える2つの法則をはじめ、幾何異性体の選択性についてもお話ししています。ぜひご覧ください!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました