化学

【大学の物理化学】熱力学第二法則、エントロピー変化と自発性の関係(クラウジウスの不等式、エントロピー増大則)について、わかりやすく解説!

自然に起こる現象には方向性があり、無秩序、均一になるように変化していきます。これが熱力学第二法則です。この記事では、熱力学第二法則の具体例や表現方法、そしてエントロピーという新しい状態量の法則について、まとめました!
化学

【大学の高分子科学】みみず鎖モデルと高分子の剛直性の関係について、丁寧に解説!

自由連結鎖などのガウス鎖モデルは有限個のビーズが繋がったものであり、曲率を微分によって計算できないなど、数学的な扱いが難しい場合があります。ここでは、高分子を連続曲線として考えるみみず鎖モデルについて考え、高分子の剛直性をいかにして表現するのかをわかりやすく解説しています。
化学

【大学の物理化学】ジュール-トムソン効果の分子論的起源、実験方法について、丁寧に解説!

等エンタルピー変化により温度が変化する現象をジュール-トムソン効果と言います。エンタルピー一定条件の変化とはどういうもので、どのような温度の変化をするのか、わかりやすく解説しています。
化学

【大学の無機化学】点群による化合物の分類について、わかりやすく解説!

ある分子が持っている対称要素の集合を考えると、化合物を分類することができるようになります。この記事では、そのやり方を実際の化合物例と共に見ていきます!
化学

【大学の物理化学】内圧、膨張率、等温圧縮率の定義と、熱容量との関係について、わかりやすく解説!

理想気体の場合は、モルあたりの内部エネルギーが温度によって決まります。しかし、一般的には、温度のほかにもう1つ変数が必要になります。ここでは、内部エネルギーが温度と体積の二変数関数であるとした場合に、考えられる3つのパラメータと、それらが熱容量とどのような関係になっているのかについて、解説しています。
化学

【大学の物理化学】ヘスの法則、反応エンタルピーの温度依存性について、わかりやすく解説!

高校でも習うヘスの法則ですが、そのときにエンタルピーという言葉は使われなかった人も多いと思います。この記事で、改めてヘスの法則を考えていきましょう。また、標準温度ではない場合に、反応エンタルピーはどのように温度依存性をもつのかについても、まとめています。
おすすめの書籍

【大学の高分子科学】おすすめの教科書、参考書、問題集全10選まとめ!!(高校生向けもあります!)

高分子は組成比や分子の形状、可塑剤などで物性をコントロールでき、また生物学、薬学とも大きな関係があるため、ますます注目されてきている分野です。ひとくちに高分子科学といっても、大きく分けて高分子有機化学と高分子物理化学があり、その理解には、広範囲の化学の知識を要します。この記事では、高分子科学を勉強するために役に立つ本を大学で探してきたので、その紹介をします!
化学

【大学の有機化学】アルケンの主要な反応まとめ!(求電子付加反応の立体特異性や位置選択性など)

π結合は、σ結合ほど電子の束縛が強くないため、反応活性な部分となりえます。この記事では、そんな特徴を利用したアルケンの反応をまとめて見ていきます!
化学

【大学の物理、無機化学】分子が持ちうる対称操作の種類と関係について、わかりやすく解説!

分子は、ある特定の動かし方をすることで、動かす前とぴったり重なってしまい、見かけ上は全く動かない操作を考えることができます。この記事では、そんな対称操作について、その種類と互いの関係をまとめました。
化学

【大学の有機化学】アルカン、アルコール、ハロアルカン、アルケンの質量分析におけるイオンのフラグメント化パターンと不飽和度の考え方についてわかりやすく解説!

質量分析では、分子イオンだけでなく、もっと小さなイオンが検出されることがあります。この記事では、その原理と基本的な化合物のパターンをまとめています。最後には、化合物同定の補助手段である不飽和度についても少し解説しています。
タイトルとURLをコピーしました